放射性物質検査結果報告

南三陸町歌津伊里前は宮城県の北東部に位置していますが、現在のところ、黒潮がぶつかり合う沿岸の潮の流れに恵まれ、放射性物質の影響は観られません。現在、国の基準では食品の放射性セシウムの限界量が500ベクレル/kg以下とされていますが、より安心・安全な水産物を育成・提供するため、宮城県水産物放射能対策連絡会議では、その1/5である100ベクレル/kgを基準に出荷の自粛措置を実施しています。

当社ではドイツ製シンチレーション測定器を使い、より精密な自主検査を行っていきます。2013年より6回に渡って検査を実施して来ましたが、結果は下記の通り、すべて不検出となっています。小さな子どもでも安心して食べられるのが、「結っこ牡蠣」の基準です。今後も定期的な検査を自らに義務づけ、すべての数値を当ホームページで皆様に公表。責任ある養殖・流通を目指すことを、生産者としてお約束します。

第7回(2017年12月27日実施)

検査の結果、検出限界を超える放射性物質は計測されませんでした。

今季も何卒よろしくお願いいたします。

放射性物質検査結果(2017.12.27)

第6回(2016年12月18日実施)

今回もドイツ ベルトールド社製LB2045ガンマスペクトロメーターにて測定しております。

約18時間測定し、検出限界値は約5bq/kgとなっております。

検査の結果、検出限界を超える放射性物質は計測されませんでした。

今季も何卒よろしくお願いいたします。

放射性物質検査結果(2016.12.18)

第5回(2016年2月10日実施)

2016年2月10日に測定した放射性物質検査の結果は、検出限界下限値約5.0Bq/kgにて測定し、0.94Bq/kgですので、誤差の範囲内です。

セシウム134が検出されているように見えるかもしれませんが、空のビーカーで計測した時点で数値が出ておりますので、バックグラウンド値と同程度の測定結果です。

放射性物質検査結果(2016.02.11) 放射性物質検査(2016.02.10)

第4回(2015年1月8日実施)

放射性物質検査(2015.01.08)

2015年1月8日に測定した放射性物質検査の結果は、検出限界下限値約1.5ベクレルにて測定し、検出されませんでした。

  • I-131(ヨウ素131)…N/D
  • Cs-134(セシウム134)は0.00
  • Cs-137(セシウム137)…N/D

第3回(2014年4月16~17日実施)

放射性物質検査(2014.04.16) 放射性物質検査(2014.04.16)

4月16・17日の2日間にわたって検出限1.5ベクレルにて測定し、いずれも検出されないか、検出限界未満でした。

  • I-131(ヨウ素131)…N/D
  • Cs-134(セシウム134)は0.22±0.22/kg~0.26±0.21/kg
  • Cs-137(セシウム137)…N/D

検出限界がレポート上は0.5Bq/Kgと表示されますが、実際には65535秒(約18時間)の計測で1.5Bq/kgぐらいと測定器の説明書には記載されています。

したがって、誤差の範囲内です。

第2回(2014年1月20日実施)

放射性物質検査(2014.10.20)

1月20日に測定した放射性物質検査の結果は、検出限界下限値約1.5ベクレルにて測定し、検出されないか、検出限界未満でした。

  • I-131(ヨウ素131)…N/D
  • Cs-134(セシウム134)は0.71±0.58/kg
  • Cs-137(セシウム137)…N/D

検出限界がレポート上は0.5Bq/Kgと表示されますが、実際には65535秒(約18時間)の計測で1.5Bq/kgぐらいと測定器の説明書には記載されています。

したがって、誤差の範囲内です。

参考:空のビーカーの測定結果

放射性物質検査(2014.10.20)

比較検証用として空のビーカーの放射性物質検査を行なった結果が上記のレポートです。

バックグラウンド値としてこれらの値を差し引くと、マイナスの数値となってしまうため、今回の測定では有意な値は計測されていません。

第1回(2013年10月21日実施)

放射性物質検査(2014.10.20)

表の上から、

  • I-131(ヨウ素131)は検出限界値0.72ベクレルにて測定し、0.00ベクレル。
  • Cs-134(セシウム134)は検出限界値0.60ベクレルにて測定し、0.00ベクレル。
  • Cs-137(セシウム137)は検出限界値0.64ベクレルにて測定し、N/D(不検出)。

一番下のK-40(カリウム)は自然界にあたりまえに存在する物質ですので、ご参考程度にご確認ください。

このような結果となりました。今回の測定では放射性物質は「不検出」となりました。

今後も定期的に検査していきますので、ご確認のほどよろしくお願いいたします。